このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

SCCNのご紹介
主催・共催レース
レースオフィシャル
レースの基礎知識
リンク
【SCCNのご紹介】
代表 : 山梨一成私どもニッサン・スポーツ・カー・クラブは、1963年の第1回日本グランプリレースで並み居る有名外国製スポーツカーを抑えて、日産フェアレディZで優勝した田原源一郎氏を中心に、その翌年に設立されました。
 
当時は日産のワークスドライバー、及びその予備軍が主たるメンバーで、花形人気スポーツであったモータースポーツ界では特異な存在といえ、若者の憧れの的であり、どちらかというと門の狭いクラブでした。
 
時代が変わり、クラブは「日産ワークスチーム」から「日産車を愛好して、モータースポーツを楽しむクラブ」へと変遷。
今日では年に6〜7回のクラブマンレースのオーガナイズにはじまり、nismoとタイアップしてのニッサンマーチカップレース、フェアレディZ走行会、レーシングスクールなどのアソシエーション、走行会企画・運営など、幅広く活動しています。
 
ぜひ、皆さまも一緒にモータースポーツ、及びクラブライフを楽しみませんか。
門を広く開けてお待ちしています。
ニッサン・スポーツ・カー・クラブ 代表
山梨 一成
会長 : 安藤康彦今からさかのぼること40年以上前の1963年、日本のモータースポーツ創成期に日産車を愛好するプライベートドライバー達が集結してニッサン・スポーツ・カー・クラブ(SCCN)が誕生しました。
 
そして、当時数少ない日本のサーキットで、どれだけの名シーンを生み出してきたことかは、言うまでもないでしょう。
その後、メンバーと競技審判員ライセンス取得者の増加に伴い、競技会(レース、ラリー、ジムカーナ、ほか)の運営を中心とした活動にシフトしてきました。
 
国内では唯一のアマチュアクラブメンバーによる全日本選手権レースの単独開催、F1世界選手権レースへのキー・オフィシャルの派遣、ワンメイクレースの発案・開催と、モータースポーツ界の活性化を意識して活動して参りました。
 
今後はクラブメンバーのスキルを活かした、主に東日本エリアでのレース開催をはじめ、気軽に参加することが出来るサーキット走行会など、魅力あるイベントの開催によってモータースポーツ人口の増加と、スポンサー企業のみなさまの活動の場を提供させていただきます。
 
Sports Car Club of Nissan(SCCN)に、ご期待ください。
ニッサン・スポーツ・カー・クラブ 会長
安藤 康彦
Copyright(C) 2006- SPORTS CAR CLUB OF NISSAN  ALL RIGHTS RESERVED.